ブランドの成長戦略について

ファッションブランドは毎年多くのブランドがデビューしては無くなっている位入れ替わりの競争の激しい世界です。その中でも時代の流れに沿って成長を続けているブランドも数多くあります。そんな企業の成長戦略とはどのようなものなのでしょうか。今まで何年もの間若い女性の中で人気となっているショップに共通することと言えば時代の流れに沿ったデザインの変化、価格帯の変化です。シックなテイストが流行った時代にはスーツを前面に出していたブランドでもナチュラルテイストが主流の現在お店は以前のイメージとは全く違った雰囲気へと変化しています。一度ついたイメージを変えることはなかなか難しいですが、それを時代の流れとともに変化をさせれたということは流通を把握できていた証です。顧客の要望に沿うことは大切な成長戦略なのだと思います。

建築業界でのブランド戦略について

建設業のように建築したものがどこが施工したか分からないもの、技術レベルがある一定以上に達した業種において、他社と差別化を行い、戦略的にブランド力を向上させることは非常に難しいことです。特に、建築業界では同一費用で、グレード的な差別化は困難を極めるでしょう。では、どこで差別化を図るか。まず一つは品質面です。建築は、1品1品、オーダーメイドで人が建築していくので、出来上がりの完成度は結構違ってきます(見た目ではあまり分からないですが)。もう一つは、建築後のサービス面でしょう。建築物は人が使いだしてからしかその不具合やトラブルは分からないものです。建築完了後にその対応がしっかりできるかどうかで会社の信用度は大きく異なってきます。実質的にはここで会社間の差異が出てくると言っても良いでしょう。今、名前を聞いたことあるような建設会社はどこもこの点に優れている会社ばかりです。

建築設計会社のブランド戦略について

建築物を建築する際には、まず、設計図を作成しなくてはいけません。設計会社の多くは中小企業に当たるような会社がほとんどです。その中でもある一定の戦略的にブランド力を向上させている会社はどのような点がその他の会社と違っているのか。恐らく、設計図そのものの差異は普通の人には分からないかもしれません。では、どこでその差異がでるのか。当たり前ですが、建築物の中身の良し悪しは設計段階で決まってしまします。その良し悪しというのは、使用する人(施主)がどのようなものを求めていてどのようなグレードのものを無から有へと具現化できているかどうかによります。つまり、設計会社としての良し悪しは、施主のニーズを如何に的確に具現化できるかどうかにかかっています。では、設計事務所のブランド力とは何か。そのような設計者をどれだけ所有しているかがブランド力の差となっているのでしょう。日本を代表する設計事務所はそのような点が優れている設計者を多く抱えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*