ブランド化させる為に戦略を練りましょう

企業や商品がブランドになる事によってどういったメリットが生まれるのでしょうか。まず考えられるのは圧倒的な知名度がありますよね。それにより信頼性が生まれるでしょう。消費者が商品を購入する場合ですと、やはり何と言っても信頼性なのではないでしょうか。それにより、消費者が安心して商品を購入してくれるようになります。それによって、安定的な売上を保つ事が出来るのです。これはとても素晴らしい事なのは言うまでもありませんよね。他にもブランド化する事によって例えば他社との取引でも、かなりスムーズに行う事が出来るのではないでしょうか。例えば新規の店舗を作るにしても、仕入れ業者との信頼関係を作るのがかなりスムーズになるのは言うまでもありませんよね。ただブランド化させるのは相当な時間と実力が必要でしょう。戦略的に考えて行きましょう。

カフェのブランド戦略

日本におけるカフェ業界は、ここ20年くらいで大きく変わってきたといえるでしょう。これまでは、安価でコーヒーが飲める「コーヒーショップ」とある程度お金に余裕がある人がいく「喫茶店」の大きく2つに分かれていましたが、アメリカからの某有名カフェチェーンの参入によって、カフェという概念が生まれました。そのチェーンの最も感心すべき点は、マーケティングの要素である「サービスというのは便益の束である」という考え方に沿った戦略で、ただコーヒーを売るだけではなく、コーヒーを飲む空間や体験を商品として考えていたということです。チェーンの参入を機に、既存のファストフードブランドやカフェも、よりコーヒーや店内の空間づくりに力を入れるようになりました。カフェという業態は、この考え方のもと、これからも進化を続けてくれると思います。

企業の戦略上重要な要素がブランド

ある商品や製品が一時的にではなく、ある程度恒常的に市場に受け入れられるために必要な要素が、ブランドです。その力に頼らずとも、マスコミによって宣伝されたものなども市場に受け入れられることはありますが、それは一時的な人気を呼ぶものが多くなっています。企業が永続的に活動を続ける存在を示す言葉に、ゴーイングコンサーンというものがあります。細々とだれにも知られずに活動を行なう企業もあります。これらの企業では、その企業価値というものが低く評価されざるをえません。一方、ブランド戦略で成功した企業は、企業価値を高く評価されやすくなる上、その評価が継続しやすくなります。企業の価値はその企業が扱っている製品だけでなく、目には見えないのれんの価値があります。こののれんの価値に影響を与えるのが、主としてブランド力ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*