メンバーサイトの構築ならCMSを使いましょう。

WEBサイトにおいて、特定のユーザーに対してのみ特別なサービスや情報を提供したいというような場合があるかと思います。そういう場合に、スクラッチから会員管理サービスを構築しようとすると、大変な手間と労力が必要になってきます。簡単なログインサービスであっても、これをシステム開発会社に依頼するとなると、それなりに高額のお金が必要になってくることは間違いありません。こういったサービスをサイト上で実現したいときにCMSを活用することをお勧めします。現在では、優れたオープンソースのソリューションがいくつも存在していますので、無料で始めることができます。CMSにおいては、ほとんどの場合、メンバー管理機能が付属していますし、また特定のメンバーに対してページを表示できるようにする機能も、デフォルトで備わっているか、あるいはプラグイン拡張で利用できるようになっています。

社内のナレッジマネジメントにCMSの活用

企業内で情報を共有したり、各種のインフォメーションを通知したりするのに、社内用のホームページを作成されているところも多いことでしょう。しかし、その編集や管理にあたっては、あるHTMLやデータファイルの設置場所についてなど、ある程度のITスキルが要求されることになり、担当者のスキルによって出来ることの範囲が制限されることになるでしょう。しかしCMSを導入することによって、社内情報の共有や活用についての応用範囲を一機に広めることができます。ブログを更新できる程度のスキルがあれば、社内のどこからでも編集することができますし、またメンバー管理機能を活用することによって、部署ごとの情報、会社全体の情報とドメインを切っていくこともできるようになります。また多くのプラグインを利用することによって、欲しい機能のほとんどをCMS内で完結させることができます。

CMSとはどのようなものか?

CMSは、Webコンテンツ(テキスト、画像、レイアウト情報)を一元管理して、サイトを構築・編集することができるシステムです。HTMLやJavaScriptのような、Webページ作成のための専門知識を必要とせずに、公開されている範囲のどこからでも編集することができるものです。CMS自体の設置については、多少のITスキルが要求されるものの、そこからのデザインやデータ編集・管理については、スキルを選ばず、スピーディーにWebサイトを構築していくことができるようになります。一般的には、ブログシステムや会員管理機能を伴ったWEBサイト、ショッピングサイト等に利用されていることが多く、フリーのオープンソースソフトウェアが、現在では多数登場してきています。プラグインの追加により、様々な機能を実現することができるのも大きな特徴のひとつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*