不動産会社のブランド力と戦略

不動産会社のブランド力はとはどのようなところにあるのか。まず、あげられるのは持っている土地のブランド力と言えるでしょう。そこに、実は戦略はありません。例えば、東京丸の内周辺の土地を持っている旧財閥系の不動産会社は、それだけで有名でブランド力を持っていると言えます。その点だけを見れば、いわば持って生まれた優位性と言えそれだけである一定のブランド力を有するという非常に羨ましい状況にある企業と言えるでしょう。日本橋に多くの土地を持っている旧財閥系の不動産会社も同様な状況で、極論を言えば、今後何もしなくてもそのブランド力は維持し続けることができるかもしれません。ただ、それだけでは業績を拡大していくことはできません。その持って生まれた優位性を利用して他社との差別化を図り、その他の地域へ業務領域を拡大していく必要があると思います。同様の状況の会社は異業種ではあまりないため、変わった業界と言えるでしょう。

食品業界のブランド力と戦略

食品業界では、ある一つの商品がヒットしてその単品の製品のみである一定のブランド力をつけてきた企業がいくつもあります。例えば、梅酒で有名な企業、ソースで有名な企業、しょうゆで有名な企業、辛子明太子で有名な企業と上げれば枚挙に暇がないほどです。不思議なのはそれらの食料品はある種、同質化するのが容易な商品を扱っているにも関わらず、なかなかシェアを奪われていない点です。それらは、初期の商品からずっと同じ味を維持しているものから、少しずつ改善していっているものと2通りがあります。前者は、おそらく、その味を作ること自体が手間がかかり、維持すること自体が難易度が高い商品なのでしょう。後者は、実は同質化されやすいもの商品なので研究を重ね、少しずつ改善を重ねなくてはいけない他社とのイタチごっこをしている商品なのでしょう。いずれにせよ、昔からある商品で未だブランド力を維持している商品は、ある一定の消費者からの支持をえられるよう良く考えられているものばかりです。そこが各社の戦略と言えます。

ブランドになるためには戦略が必要です

かつて、高級なブランド品を身に付ける事がある種の、ステイタスだった時代があるのは間違いありません。特にバブルの頃の成功者達は高級な物を身に付けている方が多かったように思います。しかしそういった時代が終わった今でも、高級ブランドの人気は陰りを見せていませんよね。メーカーとしてはやはり自分の会社が作った製品を特殊な位置にまで上げたいと思いますよね。世界中の誰しもが憧れるような物を作りたいと思うのではないでしょうか。しかしそう簡単には、イメージは付いてくれませんよね。では、どうすれば良いのでしょうか。その為には、戦略が必要になって来ると思います。例えば先駆者等はブランドの代表的メーカーになる事も可能なのです。こういった部分をきっちりと抑えて自社の製品を開発、あるいは、ビジネス展開をしていかなければならないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*